静岡県中小企業家同友会-伊東支部

静岡県中小企業家同友会入会の呼びかけ

経営者同士、切磋琢磨して良い会社良い経営者になりませんか?

伊豆半島の中小企業経営者の皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、昨今の経済環境、
とりわけ私たち中小企業をめぐる経営環境は誠に厳しいものがあり、
この厳しい経営環境を乗り越え、
二十一世紀に生きる中小企業経営をどう構築していくか、
様々なご苦労をされておられることと存じます。

また、
地元の多くの経営者の方々は激変する経営環境の中でなんとしても
「企業の存続を図りたい」、「発展させたい」そのための研鑽を積み、
企業の発展と「経営者の自己革新を図りたい」という
熱い思いを抱いておられるのではないでしょうか。
私共は中小企業の経営者・社員が共に幸せになるためには何をなすべきか、
学び合い、研鑽し合い、実践し合う経営者の学びの場として、
中小企業家同友会という経営者団体を組織しています。

私達は強靭な中小企業経営の構築と
経営者自身の自己研鑽を第一義に追求している、
全国で35年、県内で30年、地元伊東では10年の歴史を持つ団体で、

良い会社をつくろう。
良い経営者になろう。
良い経営環境をつくろう。

の三つの目的を合い言葉に、
全国四万名、県内約800名(12支部)、
伊東支部11名の会員が学び合い、交流、実践に励んでおり、
県行政機関や各経営者団体から注目されています。
同友会は、会員の経営体験から学ぶというユニークな月例会を活動の中心とし、
あらゆる経営課題を前向きな姿勢で研究し学び合っています。
毎月第三水曜日にひぐらし会館で開催している月例会では、
地域に即した経営体験を聴くことができ、
自社の経営に反映させることが出来ると好評です。
オブザーバー参加自由ですので、ぜひ一度お出かけ下さい。

さらに経営に関しての深耕策や、幅広い知識を学ぶ場としては、
全国及び県の研修会が大きな感動を受ける場として高く評価されています。
また、活動の基本に、自主・民主・連帯の精神を掲げ、
会員は生徒であり、時には先生であるという対等平等の関係を保ち、
互いが辞書の1ページであり、互いが有能な社外重役であると認め合い、
共に育つことを目指して活動している団体です。
激変消滅の時代に生き残り、経営者としての資質の向上を目指すために、
知り合い・学び合い・援け(たすけ)合って行こうではありませんか。
そして、学び実践を通じてこの厳しい時代を乗り越え、
二十一世紀に希望をつなごうではありませんか。
私達の住む伊東の中小企業の活性化を実現するためにも、
是非、中小企業家同友会にご入会下さいますよう切望するものです。

2006年春 静岡県中小企業家同友会伊東支部
支部長 玉木久夫