静岡県中小企業家同友会-伊東支部

平成23年度活動方針

市川正樹伊東支部長 市川正樹

世界全体がかつて無い厳しい経済環境の中で、
中国がその経済力を背景に、2008年の「オリンピック」、
2010年の「上海万博」と相次いで国家的イベントを繰り広げております。
2008年9月のリーマンショックも中国にとっては一時的な株価の下落に留まり、
GDPの伸びは年率で8〜9%台を維持しています。
アメリカや欧州、そして日本などの先進国経済の低迷が長引く中、
中国が新しい世界経済の牽引役になりつつあります。

東日本大震災後の厳しい経済環境の中、現在の中国のように、
かつて日本の高度経済成長を支えてきた私達・中小企業家によって
必ず日本を再生させることが出来ると信じて、
今一度「中小企業憲章」について語り、
伊東支部の力を結集し、『活力の出る例会』作りに取り組みます。
その為にも新規会員を増やし、実りある月例会を開催するようにして、
伊東支部15周年を迎えたいと考えています。

この度の東日本大震災の影響及び福島原発事故の計り知れない波紋について、
観光地伊東の経済環境の改善に向けても、支部会員の皆様と大いに語り合い、
地域発展への道筋を一緒に模索していきたいと考えています。